チャイルドシート選び方

もしもの時に赤ちゃんの命を守ってくれるチャイルドシート。
ISOFIX方式・シートベルト方式、固定式・回転式について簡単にまとめておきます。
それぞれのメリット・デメリットを考慮して購入しましょう。

チャイルドシートは高価なものなのできちんと考えて購入することをおすすめします。

我が家はISOFIX・回転式を購入しています。今になって思えばシートベルト式でもよかったなぁと思います。
ちなみに我が家はチャイルドシート・ジュニアシート合わせて4種類購入しています。合計10万以上はしていますね。。。

何故こうなってしまったのかは最後に書いておきます。参考にして下さい。

ISOFIX方式とシートベルト方式

ISOFIX方式

現在の主流はISOFIX方式で取り付けが簡単かつ確実に行えるタイプとなってます。座席についている固定金具にチャイルドシートを差し込むだけで簡単に取り付けることが可能です。2012年7月以降に販売された新車であればISOFIX金具を標準装備していますが、チャイルドシート購入前に取扱説明書で確認するか、ディーラーへ確認しましょう。直接確認する場合は後部座席にISOFIX金具のマークもしくは座面と背もたれの間に挿入口があるのを確認して下さい。

シートベルト方式

シートベルト方式はチャイルドシート本体をシートベルトで固定するタイプになります。ほとんど全ての車に装着可能です。取り付け方も慣れれば簡単に着脱可能です。実際に僕の妻でも1、2回でマスターしました。

固定式と回転式

固定式

固定式は座席は動きませんので、赤ちゃんを横向きに抱っこして乗せる必要があります。その際、狭い車内では窮屈になり乗せにくいです。
また、1歳頃までは後ろ向きにするため、前向きにシフトする際つけ替える作業が必要です。

回転式

回転式はチャイルドシート自体を回転させるので無理なく乗せることができます。また、一度つけてしまえば前向き・後ろ向きどちらでも自由にシフト可能です。

メリット・デメリット

では、それぞれのメリット・デメリットを見ていきます。

固定式回転式
ISOFIX方式メリット
回転式より安価
コンパクト
付け替えが簡単
デメリット
乗せにくい
メリット
乗せやすい
付け替えが簡単
デメリット
高価
シートベルト方式メリット
安価
デメリット
乗せにくい
付け替えにコツがいる
メリット
乗せやすい
ISOFIXより安価
デメリット
付け替えにコツがいる

以上が僕が考えるメリット・デメリットです。

新生児から使用できるチャイルドシートのほとんどが、
ISOFIX・回転式もしくはシートベルト方式です。


シートベルト方式はISOFIX方式に比べて安価ですが取り付け方に慣れが必要です。
しかし、正しく装着できていれば安全性能に問題はありません。

2023年時点で店頭に多く置いてあるものはISOFIX・回転式です。

ISOFIX・固定式となるとキャリータイプのものがあります。

1歳から使えるチャイルドシートは種類も豊富で価格帯も様々です。

値段が高いから安全性能が高いわけではなく、機能面での違いが価格に大きな差になっています。

国土交通省の安全基準をクリアしているチャイルドシートであれば安全性能はどれを選んでも問題ないです。(Eマークというものがついています)ただし、ネット販売品の中には未認証のものあるので1度はお店に行きEマークがついているか確認しましょう。

レンタルもあり

チャイルドシートを購入するのは初めての子どもの時ですね。
2人目、3人目のことも考えているのであれば購入して問題ないと思います。しかし、子どもは1人と決めているならレンタルも考えて良いかと思います。
チャイルドシートに乗せる期間は意外と短いです。
子どもによっては嫌がる子も多くいます。
体重制限があり乗せ方が変わってきますが、大きくなると狭くて乗るのを嫌がることもあります。
もちろん、チャイルドシートには部品を外して乗れる機能が備わっていますが、それならばいっそのことチャイルドシートはレンタルして安価なジュニアシートを購入するということも考えて良いかと思います。
レンタルなら数千円〜レンタル可能でレンタル期間も豊富です。
ほとんど出かける予定がないならコストパフォーマンスはとても良いです。

我が家がチャイルドシートを買い替えた理由

冒頭で書いたように我が家には4つのチャイルドシート(ジュニアシートも含む)があります。まず、長女の時に新生児から使えるISOFIX・回転式を購入。次女が生まれた際に、長女用にジュニアシートを購入しました。我が家は車が2台あるためお互いが保育園へお迎えに行けるようキッズベルトを2個購入し、それぞれの車に1個づつ装着しました。
しかし、次女がチャイルドシート、ジュニアシートに乗るのを嫌がるようになりました。理由は肩ハーネスが嫌らしく、乗せるたびに自力で抜け出すようになりました。抜け出せないようにきつめに閉めると大泣き・大暴れして運転どころではなくなりました。
これは危険だと家族で話し合い、肩ハーネスなし・シートベルト式のジュニアシートを購入することなりました。

まとめ

・ISOFIX方式は簡単だが高価
・シートベルト方式は取り付けに慣れが必要
・1歳になるまではレンタルもあり
・Eマークがついているなら安全性能は問題ない
・価格は追加機能の差で変わってくる
チャイルドシートは高ければ安全というわけではなく、使い勝手の違いで値段が変わってきます。また、我が家のように途中からチャイルドシートに乗らなくなる子どももいます。
慣れれば機能面はさほど気にならないようなことなので負担にならないような価格帯のものを選びましょう。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました